裏島(うらしま)ぶろぐ

管理人日記
ハシゴしました「土生土曜夜店」〜「中庄十七夜祭」
田熊の夏祭り(明神祭・天神祭)も終わったので、土生の土曜夜店と中庄の十七夜祭をハシゴしてきました。

まずは、19時頃土生へ(因島商工会議所に駐車)

愛はぶ通りから入りました


商店街に沿って夜店が続きます


土生はもう一回開催します

今度は20時頃中庄へ
E電機さんに車を止めさせてもらいました(チョット遠いけど)
入口には御神燈
狭い道幅には人でいっぱいです


中庄商工振興会の夜店も繁盛しています

立派なカラオケ大会のステージ

20時半頃から盆踊りが始まりました
カラオケは21時半頃からです


道中には"神輿"が鎮座しています。23時頃出撃して水に入るそうです。昔からぜひ一度見てみたいと思っているのですが遅くなるので今年もあきらめました。

開催する側も良いですが見るのも楽しいものです。
| e-mono21 | まち | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
学校耐震化、全国平均下回る
学校耐震化、全国平均下回る

中国地方5県の公立小中学校の校舎や体育館の耐震化率が、いずれも全国平均73・3%を下回っていることが21日、文部科学省の調査(4月1日現在)で分かった。都道府県別の順位は、山口が53・0%で最下位、広島は53・3%で46位など5県とも低迷。震度6強で倒壊の恐れが高い建物は5県で計957棟に上り、対策の遅れが浮き彫りになった。
 耐震化を担当するのは公立小中学校の設置者で、大半が市町村。中国地方で耐震化が進まなかったのは、東海地方などに比べて地震への警戒感が乏しかったことに加え、中山間地域の市町村は財政基盤が弱く、少子化や合併に伴う学校統廃合問題を抱えることも背景にある、とみられる。
 耐震化率は、震度6強を想定した耐震基準を満たす建物の割合。広島の公立小中学校2570棟の耐震化率53・3%は、昨年より2・7ポイント上がり、山口は53・0%で4・9ポイント改善した。だが、全国平均は6・3ポイント向上しており、取り組みの遅さも目立った。
 このほか岡山62・2%(38位)、島根65・6%(33位)、鳥取65・7%(32位)。
中国新聞(7/22)
-----------------------------------------------------------
心配なニュースですね。
尾道市教育委員会が学校別の耐震化状況について発表しています。
| e-mono21 | まち | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第8回おのみち100km徒歩の旅
今年も"おのみち100km徒歩の旅"が近づいてきました。当店も協賛しているのでポスターが送られてきました。

NPOおのみち寺子屋が主催して8/6〜8/10の間、小学生とその家族だけではなく学生ボランティアの研修もしっかり行ったうえで100人以上の小学生とスタッフが歩きます。
| e-mono21 | まち | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
青年会議所広島ブロックOB大会in三次
青年会議所の広島ブロックOB大会へ参加してきました。今年は三次での開催で因島からは8名が参加しました。
オープニングは勇ましい三次太鼓
ご当地のワインで乾杯
各会の近況報告等の後、来年の開催地である呉に鍵が伝達されました。

閉会して外に出てみると雨でした。現役の懇親会場は鵜飼乗船場だったので少雨とはいえあいにくの天気となりました。今頃雨の犯人探しをしているでしょう(大抵ブロ長か実行委員長のせいになります)。

参加記念品は三次のワインでした。実はもう半分飲んでしまってます(美味)。
| e-mono21 | まち | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
本因坊秀策囲碁記念館
昨年9月にオープンした本因坊秀策囲碁記念館に行ってきました。

2005年の基本計画策定会議に出席していた割には今頃になって初めての入場です(笑)。

受付では「最初に20分くらいのビデオをご覧になるとよりわかりやすいですよ」とアドバイスを頂きました。
館長の村上和弘さんもいらっしゃいました。

企画展は"秀策自筆の扇入り屏風"でした。
有名な"耳赤の一手(妙手)"もおさらい。


展示室の奥は再現された秀策の生家につながっています
| e-mono21 | まち | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
因島文化協会「つれ潮」を読んで
因島文化協会の会報誌(広報誌)「つれ潮」を読んでみました。

まずは24号(2007年9月発行)のコラム
--------------------------------------------------------
〜前略〜
 尾道市文化協会と因島文化協会の違いは色々と有るが、一番に驚くのが協会の運営に到まで市職員の関与だ。
 合併した他の所の人の中には尾道市文化協会に合併して我々の作業は半減し楽になった、と喜ぶ顔が見られるが、因島のように発会当初から会の運営は自分たちで行い、行政には迷惑をかけないようにと運営してきた者には驚くばかりだ。
〜中略〜
 因島が進んでいるのか遅れているのか、尾道市も隣の福山市を手本にして改革を進める必要があるのではないか。
 福山市では市の補助は極力減らし、その代わり施設の使用料は全額無料にしている。尾道市でも文化都市を目指すならこれも一考する必要があり... 〜後略〜


全文
--------------------------------------------------------
なるほど、合併してみて初めてわかるお互いの常識、というやつですね。

かつては貴族や武将、豪族がある種文化がのパトロンだったと思いますが、貴族も豪族もなくなった現代、そのパトロンの一端を担うのは行政(国や自治体)の仕事のひとつと思っています。ただその方法論には疑問もありました。
行政は、あくまで育つ為の一端を担うだけであって、せっかく育った文化を行政に預けてしまうと、失敗も少ない代わりにそれ以上育つこともないということです。これは行政が問題というより市民の意識の持ち方ではないでしょうか。。。

などど思いつつ、今年の9月発行の25号のコラムを読むと答えらしきものを書いてくれていました。
--------------------------------------------------------
"よい無駄遣いが無ければ文化は育たない"
〜前略〜
 社会主義がもたらす深刻な害悪は文化が生まれないことではないだろうか。私有財産を廃止した所には文化は生まれないといわれている。
 個人ではなく、国がカネを使うと庶民文化は育たない。政府の無駄遣いは一握りの官僚の無駄遣いに終わり文化の向上には関係が無い。その点民間人の無駄遣いは其処に消費文化が生まれる。その極端が江戸時代の吉原ではなかろうか。 〜中略〜
 算盤勘定では真の文化は生まれ育たない。よい無駄遣いが無ければ文化は育たない。

全文
--------------------------------------------------------
一年前に書かれていた前号の協会合併の感想とは、一見繋がらないような内容ですが、執筆者の根底に流れる精神には同一のものを感じます。
ほとんどの市民は金銭的なパトロンには成り得ませんが、意識と行動ではパトロンになれるはずです。

みんな仕事や趣味、付き合いを通して色々なことに関わっています。"自分だけが楽しめたら良い"と思わずに、それぞれが携わったことに意識と行動を注ぐことが、いわゆる文化の裾野を拡げていくことになります。一人が百歩進むより、百人が一歩進む方が、より豊かなまちづくりやひとづくりに貢献できると思いました。
| e-mono21 | まち | 21:52 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
東城まちなみぶらり散歩ギャラリー
紅葉を期待して、福山から182号線を通って帝釈峡方面へ出発。前回行った下帝釈は混雑が予想されるので、上帝釈方面へ。
途中、仙養ケ原ゴルフクラブを覗いて紅葉をパチリ。


あちこち色づいた紅葉を楽しみながら、東城町へ突入。

「東城まちなみぶらり散歩ギャラリー」と「お通り」なるイベントを開催していたので臨時駐車場に車を止めて"ぶらり散歩"することに。
駐車場には"アケビ"が...

数百メートル程の町並みに各家に伝わる骨董品や作品などが展示されています。このあたりは太古の昔から栄えた町なのでなかなか見ごたえのある町並みとお品が楽しめます。10/25から11/5まで開催されています。






路地を入っていくと

漆喰鏝絵(しっくいこてえ)を展示しているお宅がありました

作者の松浦さんは元左官さんだそうで、以前から趣味とされていたそうです。丁寧に説明をしてくれました

家の壁には大作がありました

管理人のお気に入りは、帝釈峡の雄橋を描いたこの作品

開催時間の都合で「お通り」という武者行列をみることが出来なかったのは残念でしたが

模型が展示されていましたのでこれで我慢しましょう
帰宅したらニュースでも放送していました。

東城のまちを堪能した後は上帝釈へ向かいました。

途中の紅葉もきれいでした

上帝釈では時間も遅くなったので、賽の河原付近を散歩して帰りました。

賽の河原といっても小石を積んだ塔がたくさんあります。ここの鬼は心優しいのでその塔を崩したりせず暮らしていたそうです。
| e-mono21 | まち | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
青年会議所広島ブロックOB大会(庄原)
広島ブロックOB大会へ。
現役会員は分科会の準備やらなんやらでとっくの昔に庄原の地へ出発しているが、管理人はOB大会へ出席すればよいので、午後1時20分頃お迎えのジャンボタクシーに乗っておっとり刀で出発。道程もややおっとりとなり、定刻に10分ほど遅れて会場の庄原グランドホテルに到着(庄原JCの皆さんごめんなさい)。なので、セレモニーを飛ばしていきなり乾杯です。

しばらく歓談した後、開催地LOMの三原理事長があいさつに来られました。


そしてアトラクションは綺麗な女性二人組のマジックショー。

テレビでよく見る定番のマジックですが、かなり近くでみても仕掛けが判りませんでした(不思議じゃ)。

その後は、各LOM(クラブ)の近況報告です。
今年は我が因島青年会議所のOB会長が弓場会長から林克宏さんに代わりますので、その旨報告です。
まずは小林士郎さんが壇上で説明

そして弓場会長


林会長予定者の登壇です(やや緊張気味でしょうか...)

続いて、次回開催地の三次へ大会の鍵が伝達されました。


最後はお決まりの"若いわれら"の合掌。OBですから、決して若くはないのですが、この時ばかりは若い気分に戻ります。



小林秀矩実行委員長の一本締めで閉会

懐かしい先輩や各地の仲間と久し振りに旧交を深めることができました。庄原のOBの皆さん素晴らしい設営をありがとうございました。
| e-mono21 | まち | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
天然ガスへの転換が始まりました
因島も天然ガスへの転換が始まりました。

管理人のところへ作業に来てくれた人は、岡山から来ていて福山に宿泊して因島に通っているそうです。資格が必要な作業なので、今回の作業にはかなりの人数が来ているとのことで、やたら因の島ガスの車が走っているのを見かけるのも納得です。因みに因島の天然ガス転換は中国地方では最後から二番目とのことでした。

今日はガスコンロの一部を閉鎖して、明日全部転換されるとのこと。因島全体の転換作業の終了には一か月はかかると言っていました。福山の場合は一年以上かかったそうです。
| e-mono21 | まち | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
因島青年会議所6月例会に出席
因島JCの6月例会に出席。
講師は龍谷大学法科大学院教授の森英樹氏で、テーマは「いま、日本国憲法を考える」。 なかなか壮大なテーマである(いいぞ!現役諸君)。
米国を中心とせざるを得ない世界の流れの中で、憲法の在り方と向き合うことを考えさせられる講演だった。
| e-mono21 | まち | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ