裏島(うらしま)ぶろぐ

管理人日記
<< 共同折り込みチラシ「いいなび」7月号 | main | 田熊明神祭 >>
田熊幼稚園教育事業84年の歴史を感謝する会

保育園とともに幼保連携型認定こども園となり、幼稚園としてはその歴史の幕を閉じた田熊幼稚園の「田熊幼稚園教育事業84年の歴史を感謝する会」に出席しました(旧田熊幼稚園10:00〜13:30)。

学校法人役員、在籍した教員、父母の会役員経験者など40名以上が出席し、感謝礼拝、感謝コンサート、記念写真撮影、愛餐会(食事)などが催され、長い歴史を振り返り、懐かしい思い出や地域教育の現状と将来などを語りました。

在園中、担任していただいた真鍋先生や岡本先生にもお会いすることができました。

−−−−−−−−−−

田熊幼稚園は、昭和10年に当時土生教会員だった藤井令子先生により設立、大東亜戦争が始まった昭和16年には財源的にも支えるため後援会も組織されました。後援会は平成30年まで78年間にわたり継続されています。藤井先生は園舎に居住しながら保育に専念し、田熊における幼児教育の先駆者として基礎を築きました。昭和35年には2階建て園舎が新築され現在に至っています。当園が学校法人化したのは昭和57年ですが、それまでも学校法人と同様の組織が形成されており、私立であっても、より公共性を重視した運営がなされていたことが伺えます。昭和45年に水川先生が園長に就任。平成12年に林原先生が園長に就任するまで、藤井先生の志を受け継ぎ職務につかれました。水川先生はその後も役員として当園を支え続けてこられました。平成26年には尾道市立田熊保育所を田熊保育園として設置し、平成31年4月から田熊幼保連携型認定こども園として運営が始まり、幼稚園としては歴史を閉じることになりました。

−−−−−−−−−−

思い出のアルバム

水川先生から幼稚園の沿革について

感謝コンサート(ソプラノ歌手松平先生・ピアノ美登先生)

林原先生から水川先生へ花束の贈呈

| e-mono21 | 田熊 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://e-mono.enko.jp/trackback/1010349
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ