裏島(うらしま)ぶろぐ

管理人日記
<< 平成29年元旦 もちつき大会(田熊のお宮にて) | main | 平成29年 元日(田熊のお宮) >>
日本のいちばん長い日(2015年)鑑賞

安倍総理の真珠湾訪問に合わせたつもりはありませんが、映画「日本のいちばん長い日(2015年)」を鑑賞しました。同名のノンフィクション小説が原作で、大東亜戦争(太平洋戦争)末期の45年7月、連合国軍のポツダム宣言受諾要求に対し、降伏か本土決戦かに揺れ紛糾する連日連夜の閣議と軍部の動きなど終戦前夜の数か月を描いた作品です。1967年にも映画化されていて以前ビデオで鑑賞しました。

主要人物の一人、役所広司さん演じる阿南惟幾(あなみ これちか)陸軍大臣が閣議では強硬な姿勢を保ち軍部の暴走を牽制しつつ、閣僚の一人として終戦への流れを決断する様子は、御聖断を拝し閣議を進める鈴木貫太郎首相(山崎努さん)とともに、帝国憲法下における政治の一端を垣間見ることができます。前作では三船敏郎さんが演じていて、阿南本人の風貌や言動からいかにも的な帝国陸軍の軍人感がはまり役と思っていましたので、役所さんはどうかなと思っていましたが、家庭の様子や逡巡する姿などが描かれ、役所阿南も見応えがありました。

そしてなにより、前作(というより過去の多くの作品で)でははっきりと登場することのなかった本木雅弘さん演じる昭和天皇が丁寧に描かれていて、御聖断の重みや当時の政治との関わりを感じます。

「当時はこんな感じでしょ」みたいな国民の窮状や悲惨なエピソードを放り込んでくる作品もそれはそれで良いとは思いますが、当時の背景や政治のシステムを冷静に観察できる作品だと思います。

| e-mono21 | 自身 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://e-mono.enko.jp/trackback/1010156
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ