裏島(うらしま)ぶろぐ

管理人日記
忖度御膳弁当(ファミマ)

今日のお昼はファミマの「忖度御膳弁当」。

ネガティブなネーミングに魅かれ購入。コンビニ弁当で798円(税込)は高額ですが、家族で食べるということでちょっと贅沢してみました。

添付のお品書きには、「この案件(あんかけいも)、うまくいくと(野菜のうま煮) めでたい(鯛)です。金(きんぴら)を目当てにするほど 腹黒く(のどくろ)はありませんが、マメ(豆)にお会いして、沢山お話をさせていただきたいです。(ゴマすり)(胡麻和え) 最後にこの想いを香の物に込めました。(そんたくあん)(タクアン)」と紹介されています。

なにかと"忖度"疲れの現代人(笑)にはこんなのも良いかも。。

因みに大変美味しゅうございました。

 

 

| e-mono21 | 自身 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ストーブ点灯

寒い ! もう一日我慢しょうか?

いや点けよ !   去年より少し早い点灯。

我慢は体に悪いけんね。。。

| e-mono21 | 自身 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
映画「新幹線大爆破」1975年作品

「新幹線大爆破」を鑑賞。高倉健さんの代表作の一つです。

予備知識はネットで見た予告編と国鉄が撮影に協力してくれなかったということくらいですが。

以下、若干ネタバレ注意

     ↓

     ↓

高倉健さん演じる沖田ら3人り仲間が東京発博多行の新幹線ひかり109号に爆弾を仕掛けます。1500人を乗せた109号が東京駅を出発後、健さんが爆弾は時速80キロ以下になると爆発するという仕掛けを国鉄に電話で伝え、米ドルで500万ドルを要求して脅迫。やってることはテロですが、3人にはそれぞれいろんな事情があるということが映画の途中で描かれます。だからといってこんなことしちゃいけんですが。。。

新幹線は危険を察知すると直ちに停車できる優れたシステムを活かせず、逆に停まることができないというジレンマ。宇津井健さんが演じる国鉄の指令長の苦悩が最後まで続きます。

犯人とのやり取りや警察の捜査、新幹線内部の乗員・乗客の様子、爆弾への対応、都合の良い不自然な出来事(笑)も含めて次々とエピソードを放り込んでくるため飽きはしませんでしたが、なるほど150分の作品になるはずだわ、、とも思いました。

CGなど無く、やたら出てくる公衆電話と喫煙のシーン、昭和のサスペンスパニック映画、堪能しました。懐かしいブュフェ(食堂車)の思いを馳せながら就寝。。

| e-mono21 | 自身 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
お彼岸の墓参り(田熊〜土生〜弓削)

"暑さ寒さも彼岸まで"といいますが、暑くも寒くもない絶好のお墓参り日和(?)。午前中は曇り空、昼からはお日様が照ってきました。田熊の浄土寺から土生の対潮院へ。対潮院では彼岸花がきれいに咲き誇っていました(画像右には奥さんが佇んでます)。それからお弁当を買って弓削へ渡り弓削商船学校の近くの池を眺めながら昼食はもはや定番(笑)。

| e-mono21 | 自身 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
納涼会監督会議

取引先が集まり納涼会(因島田熊町竹長)。9月に入って随分涼しくなりましたが、生口橋を眺めながらテラスで飲む生ビールはやっぱり美味しいです。カープの監督4名、巨人1名、評論家1名、そして横浜1名というメンバーで、ラジオ、スマホで情報を確認しながらマスターの用意してくれた料理に舌鼓を打ちました。

 

| e-mono21 | 自身 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
大山神社へ参拝

今日は奥さんとの"とある記念日"。日曜日ということもあって記念の場所大山神社(因島土生町)に参拝しました。天気も良く遠くからの参拝客も見受けられました。某工務店製のセンスの良い自転車ラックを見ながらお参り。お守りを受けて帰りました。

 

 

 

 

| e-mono21 | 自身 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
松原海水浴場(弓削)

お彼岸恒例のお墓参りツアー(田熊〜土生〜弓削)。

お天気も良いので松原海水浴場を散策してみました。

約500本の松が生い茂り、すぐ横には弓削神社があります。というか、もともと松林は弓削神社の為の防風林だったそうです。今も夏になると賑やかなのでしょうが、この時期の散策も時が静かに流れているようで心地良いものでした。

ここに海水浴に来たのはずいぶん昔のことで、テントを張った横で何故か麻雀に興じる海水浴客を不思議に思った記憶が蘇りました(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| e-mono21 | 自身 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
日本のいちばん長い日(2015年)鑑賞

安倍総理の真珠湾訪問に合わせたつもりはありませんが、映画「日本のいちばん長い日(2015年)」を鑑賞しました。同名のノンフィクション小説が原作で、大東亜戦争(太平洋戦争)末期の45年7月、連合国軍のポツダム宣言受諾要求に対し、降伏か本土決戦かに揺れ紛糾する連日連夜の閣議と軍部の動きなど終戦前夜の数か月を描いた作品です。1967年にも映画化されていて以前ビデオで鑑賞しました。

主要人物の一人、役所広司さん演じる阿南惟幾(あなみ これちか)陸軍大臣が閣議では強硬な姿勢を保ち軍部の暴走を牽制しつつ、閣僚の一人として終戦への流れを決断する様子は、御聖断を拝し閣議を進める鈴木貫太郎首相(山崎努さん)とともに、帝国憲法下における政治の一端を垣間見ることができます。前作では三船敏郎さんが演じていて、阿南本人の風貌や言動からいかにも的な帝国陸軍の軍人感がはまり役と思っていましたので、役所さんはどうかなと思っていましたが、家庭の様子や逡巡する姿などが描かれ、役所阿南も見応えがありました。

そしてなにより、前作(というより過去の多くの作品で)でははっきりと登場することのなかった本木雅弘さん演じる昭和天皇が丁寧に描かれていて、御聖断の重みや当時の政治との関わりを感じます。

「当時はこんな感じでしょ」みたいな国民の窮状や悲惨なエピソードを放り込んでくる作品もそれはそれで良いとは思いますが、当時の背景や政治のシステムを冷静に観察できる作品だと思います。

| e-mono21 | 自身 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ストーブ

例年よりずいぶん遅い点灯となりました。

| e-mono21 | 自身 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
雨・・・お墓参りツアー

秋雨前線の影響でしとしと雨が降っていますが意を決してお墓参りです。いつものように、田熊〜土生〜弓削とお参りしました。

昼食は土生町郷区のYショップで購入した焼きそばを生名島立石港の港務所で摂りました。8月に四国アイランドリーグの試合観戦にいった際、ここで涼を取りながら現地行きのバスを待ちました。椅子も各種あり足を延ばしたい人は座敷もあります。奥さんは傘袋の自動機「傘ポン」が気にったようです(笑)

 

 

 

| e-mono21 | 自身 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ