裏島(うらしま)ぶろぐ

管理人日記
田熊八幡宮秋季大祭(令和2年度)

コロナ禍のため山車の出撃など区長会主催の秋祭りは中止となりましたが、お宮の秋季大祭は規模を縮小するなどして開催されました。

10月8日、19時過ぎより御旅神事。ご神体が41の厄年、還暦の皆さんに支えられた鳳輦(ほうれん)に移され(鳳輦は参道を出たところで軽トラに移乗)、例年は御旅所が設営されている東浜明神社まで御神幸し祝詞が奏上されました。今回はご神体はお宮に戻っていただきました(写真1〜5)。

10月9日、6時よりおとぐい神事。お宮のご神体(御分霊)が上陸されたとされる箱崎り浜で行われました。お供えを御神鳥(カラス)が食べにくるかと期待していましたが、彼らは遠巻きに見ているだけの様でした。。(写真6)。

10時より還幸神事。御旅所(今回はお宮)から鳳輦の列が出発し田熊の町を巡ました(写真7・8)。

夜は宵殿神事。山車が参内しないこともあり参拝者もなく19時頃には終了(写真9・10)。

10月10日、6時より湯立神事。大釜の湯に浸した笹でお祓いをします。この笹の葉を拝受して玄関などに付けておくと病疫退散の後利益があるそうです(写真11)。

8時30分より大祭神事。大山神社の巫女さんが舞を奉納してくれました(写真12・13)。

集合写真を撮影して(写真14)、今年の秋季祭は終了。今後の行事(七五三祭や元旦祭)もいろいろな影響がありそうですが、粛々と出来ることをやっていくしかないように思います。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

 

 

| e-mono21 | 田熊 | 16:52 | comments(0) | - | - | -
田熊八幡宮 内庭の灯篭

前日に続いて秋季大祭の準備。昨日やり残した灯篭の火袋に障子紙を貼ってから少しばかり草むしり。

写真は普段立ち入ることがない本殿内庭の灯篭です。左は文政六年(1823年) ¬に谷 新屋小平、右は文政十二年(1829年) 竹屋 村上虎右衛門 とありましたので、200年近く前、江戸時代後期の物です。火袋は木製のに付け替えられています。

左の灯篭へは幣殿の床下を潜っていかなければなりませんが、文政10年(1827年)に本殿が全焼し天保6年(1835年)に再建される経緯から考えると、かつては幣殿辺りから内庭へ通じていたのでしょうか。。ロマン溢れ想像を掻き立てられる貴重な文化財ですね。。

| e-mono21 | 田熊 | 13:37 | comments(0) | - | - | -
秋季大祭準備(田熊八幡宮)

秋季大祭の準備が始まりました。灯篭の火袋の障子紙を貼り直し作業は表参道が終わったところで作業終了。続きはまた明日。

| e-mono21 | 田熊 | 12:57 | comments(0) | - | - | -
田熊八幡宮「秋季大祭」日程

コロナ禍で今年の秋祭りは山車の出撃が中止になるなど影響が出ていますが、お宮の秋季大祭も日程や内容が調整されています。9月6日に示された内容が回覧板でも回ってきました。

日曜日に行われる山車の競争もなく、賑やかな秋祭りとはなりませんが、逆に古式ゆかしく厳かに神事が執り行われますので、ある意味新鮮な体験もしていただけるかもです。どうぞお参りください。

 

| e-mono21 | 田熊 | 18:23 | comments(0) | - | - | -
田熊商工振興会役員会

田熊商工振興会の役員会(菜のはな19:30〜)。

前期会費集金の仕分け後、報告事項としてコロナ対策事業として実施した、帰省自粛県外学生支援事業と、藤原神社並びに神木のビャクシン保存について。帰省自粛学生支援は8月25日までに申し込みのあった18件についてはっさくゼリー又は米5kgの発送業務を終えています。藤原神社とビャクシンについては会としては直接的支援は見送られました。

議題は「チーム尾道がんばろう商品券」への対応と「因島サイクリングツーリズム」への対応。商品券については店舗で使用していただいたお客様にながく楽しんでいただけめようロングスパンの企画を検討しました。「サイクリング・・・」についてはアイテムよりインフラが大切という意見が集中的でした。いずれも来週の商連協会議で報告します。

一時期より暑さも和らぎ、オーダーは出席者全員がホットコーヒーでした。。

| e-mono21 | 田熊 | 22:01 | comments(0) | - | - | -
田熊八幡宮 今年の秋季大祭は

風は多少吹くものの台風の影響はまだ少なく10時まで草取りなどの清掃作業後、コロナ禍に揺れる今年の秋季大祭(秋祭り)についての会合。通常18日ですが今日に前倒されての開催です。秋祭りの山車出撃は中止が決定されており、秋季大祭でも巫女さんや神楽の舞いが中止されています。例年ですと1週間前の日曜日から準備が始まるのですが、コロナの影響で町内溝掃除が延期された関係で月曜日(10/5)から準備となります。10月8日(木)に御神体渡し、御神幸となりますが、御旅所の設営は見送られましたので当直奉仕もありません。翌9日朝6時から(金)おとぐい神事、還幸神事となりますが、御旅所がないのでいずれも拝殿から出発という変則的なものになります。そして10日(土)朝6時から湯立神事、大祭神事と続き、午前中で結びとなります。山車の出撃がないので日曜日はなにもありません。今年の田熊はさみしい秋になりそうです。。。

 

 

 

 

 

| e-mono21 | 田熊 | 14:01 | comments(0) | - | - | -
田熊町の行事日程等について

8月公民館だよりより。

★日程変更

・町内一斉みぞ掃除

10月4日(東・中・西・西浜・中央)

10月18日(港・本町・須鼻・金山・竹長)

★開催内容の変更

・公民館まつりについて

健康まつり・演芸・バザー 中止

作品展示のみ開催

・敬老会について

9月19日 式典は中止。対象者への記念品贈呈は実施。

★中止

・町民送り盆踊り 中止

・町民ビーチボールバレー大会 中止

| e-mono21 | 田熊 | 19:13 | comments(0) | - | - | -
田熊八幡宮7月月次祭

梅雨もまもなく明けるのでしょうか。晴天のもと清掃作業。担当は旧田熊小学校と神社の境の溝掃除。2年くらい掃除してないとのことで、大量の泥と落葉を掻き出していきます。暑さに負けてすぐ根を上げたわたくしでした(笑)。

8月の月次祭はお休み。9月からは秋季大祭の準備が始まります。コロナ禍でどんな感じになりますかね。。。

| e-mono21 | 田熊 | 13:26 | comments(0) | - | - | -
令和2年天神祭神事

先週の東浜明神祭に続いて天神祭も神事のみが執り行われました。

東浜夏祭り奉賛会の人たちが朝から草刈りをして綺麗になった境内にて18時から開会。フラッシュの使用を許可してもらったので、光量を控え気味にして撮影しました。雨がポツポツとしていましたのが、今年はステージや夜店がありませんので、その点は安心でした。。。

写真1 本殿は長年の風雨で痛みが激しい状態です

写真2 扇新開・金山新開を望む

写真3 直会の様子

写真4 神事の様子

 

 

 

| e-mono21 | 田熊 | 19:06 | comments(0) | - | - | -
田熊商工振興会役員会

コロナ禍でなかなか開催できなかった役員会。3月3日以来の開催です(菜のはな19:30〜)。

総会の開催方法について会員への通知文書の仕分け後、総会の議題検討、3月21日に設置された新型コロナウイルス感染症対策室の事業報告、今後の事業の在り方などが議題。

総会は資料をwebにアップすることで、質疑応答や意見はファクス、メールで行います。本総会は赤字決算となり積立金の計上を見送ったことや、人事案件(会長・監事の留任と新役員の就任)、コロナ禍における事業計画が上程されるため、直接会員と意見交換等できることがが望ましいのですが残念です。

新型コロナ対策室については、そのまま継続し引き続き必要な事業と下位の運営に助言することとしました。差し当たっては夏の帰省を断念した田熊町出身者に対する支援事業の検討を行います。

また、8月18日の送り盆夜店については、必要な感染症対策を施したうえで慎重に開催することが決定しました。

| e-mono21 | 田熊 | 23:22 | comments(0) | - | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ