裏島(うらしま)ぶろぐ

管理人日記
共通入場券:秋芳洞、大正洞、景清洞 夏休み期間中、2000円で発売
共通入場券:秋芳洞、大正洞、景清洞 夏休み期間中、2000円で発売 /山口
 美祢市にある国の特別天然記念物「秋芳洞(あきよしどう)」(秋芳町)と、天然記念物の「大正洞」「景清洞(かげきよどう)」(ともに美東町)のお得な共通入場券「三洞物語〜避暑地を求めて〜」の販売が今月から始まった。8月31日まで。
 共通券の販売は、秋芳町と美東町が美祢市として合併したことから実現。昨夏は2000人以上が利用し、好評を博したという。通常の入場料金で三つの洞くつを巡ると、計3200円(中学生以上)だが、共通券は2000円。秋吉台観光まつり実行委員会は「洞くつ内は平均気温17度と涼しく、夏休みに、ぜひ共通券を利用して訪れてほしい」とPRしている。販売窓口は各洞くつや市内の宿泊施設など。問い合わせは実行委(0837・62・0304)
毎日新聞(山口)

以前の記事にコメントを頂きましたので、洞窟ネタをひとつ。

というか、「秋芳町と美東町が美祢市として合併したことから実現」というところが管理人的にはポイントです。。。
因島・尾道・瀬戸田・御調の各地域でコラボできる企画ってたくさんありそうですよね。
| e-mono21 | 地域合併 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
因島市商店街連絡協議会臨時総会
”市商連”の臨時総会。村上会長のあいさつと来賓としてご臨席された大出副会頭の祝辞を頂戴した後、議題へ。といっても規約で”因島市”となっているところを”因島”と変更するということだ。あっさり承認。
ただ、ずっと”市商連”と呼んできたので、今度からなんと呼ばれるのだろうか? 「因商連」? 「島商連」?
まあ、なんでもいいや!?
| e-mono21 | 地域合併 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第21回行政推進員会議
第21回の行政推進員会議。
我々に与えられた課題は実際には11月末で因島市に対する提言・意見を終えており、これからは、合併後のビジョンに会議の内容が移っている。20日までに作業を終える予定だ。これまでは何かとギクシャクしたイメージの強い因島と瀬戸田だが、合併後はともに島の町として融和を図っていく必要があると思う。因島と瀬戸田を併せると人口は約3万7千人である。力をあわせれば充分に地域の力とアイデンティティを発揮できると思う。別にこの期に及んで悪あがきをするつもりも、尾道市に対して変な対抗をするつもりも無いのだが、以前訪れた出雲市と平田市の合併後の話が強烈にイメージに残っていて、どうしても不安が拭いきれないでいる。
取り敢えず、新年互礼会あたりを尾道市とどっかの島で持ち回りに主管するというのはどうかと思うのだが、こういうのは通らんわな...

| e-mono21 | 地域合併 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
コラボレートおのみち
 来年誕生する新尾道市の中の2つの青年会議所(因島・尾道)と4つの商工会青年部(御調・向島・向東・瀬戸田)で交流会を尾道で開催した。
 それぞれの団体の事業PRや意見交換などを行った。お隣瀬戸田の青年部は広島県連合会会長を輩出するなど活発な印象をもった。普段交流することがあまり無いだけに新鮮な会だった。
 来年合併するとこのような交流がもっと大切になってくると思う。
| e-mono21 | 地域合併 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第17回行政推進員会議
第17回の行政推進員会議。
宮地助役から因島総合支所の行政組織について説明がある。

原、州江の両町について質疑が多かった。瀬戸田の組織とその権能にもよるが、因島と尾道、瀬戸田と尾道、という別々の協議という弊害が感じられる。まぁ、同時に協議できるくらいなら因島と瀬戸田で合併しとるわ!
教育については、合併後、中学校、小学校の統廃合がかなり早いピッチで進みそうだ。
産業振興と農業振興は作成した意見書について意見交換。次回以降修正を加えていく。産業振興についてはキーワードを「進化と継承」「ひとづくりとものづくり」の二つを掲げた。以前から書いているが、落ち着いたらHPにアップしたい。
| e-mono21 | 地域合併 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第16回行政推進員会議
第16回の行政推進員会議。
因島出身の人材(有名な人ばかりでは無く、多くの人を対照にする)ネットワークの構築と、地域の団体ネットワークづくりについて、意見をまとめていった。
農業振興について現状と問題点のチェック後、キヌサヤエンドウやワケギのブランド化、フラワーセンターや最近巷を賑わしているイノシシ(イノブタ?)についても話が出た。
これから引続きまとめていくことになる。
文字数にすればこれだけだが、時間にするとけっこう長時間だった(まぁ、夜中まではせんけど...)
| e-mono21 | 地域合併 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第15回行政推進員会議
第15回の行政推進員会議。

産業振興について。圍唯廊技術センターその他 と進んだところで、宮地助役登場。

合併後3年間の新市建設計画について、来月住民説明会を予定しているとのこと。これまでの長期計画(10年間)より具体的なものになるだろう。予算配分についてどのくらい触れられるかわからないが、囲碁の館(秀策資料館)建設や因南中建設などは当初より計画が膨れており反映されたものになるのだろうか。

合併まであと80日程となり、行政推進員の仕事も合併までの意見・提言から、合併後のまちづくりへの方向性の検討へ移りつつある。お隣瀬戸田町の騒動(?)も気になるところだ。
| e-mono21 | 地域合併 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第14回行政推進員会議
第14回の行政推進員会議

今後の農業振興と新市に移管される広島県立フラワーセンターについて、農林課長らを招いて質疑応答。あと、前回開催されたTMO委員会の報告。

柑橘やわけぎの生産について、因島の農業の現状や問題点などが質疑、話し合われた。因島で生産された作物の輸出について質問がでたところ、「現状では考えていない。広果連などの大きな組織が主体性を持たなければできないので、働きかけていくことは出来る」とのことだった。もし、現実化すれば、合併後も地域の特徴を発揮でき魅力的だ。
フラワーセンターは、市民農園の充実の一環として、さらに開放的な施設になるだろう。せっかく県から市に移管するわけだし、もっと人が入場しやすいしかけづくりが期待できるし提言していきたい。以前、国営備北丘陵公園で感じた、家族や学校のクラス、友人同士等に花壇を開放し、それを提示することで、より親しみのもてる施設になるとこのブログに書いたことがあったが、前述の市民農園はもっと規模や考え方の大きいもののようだ。
| e-mono21 | 地域合併 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第13回行政推進員会議
第13回の行政推進員会議。

^南3中学校の統合とその後の跡地活用策についての提言書の内容確認
統合については従来からの考え方通り。跡地活用については、「地域の心のよりどころとなる交流の場づくりをベースに地域の活性化をめざす」ことを基本とすることなど。

∩躪臺〇稱欸鬟札鵐拭爾猟鷂製颪里泙箸
住民にとっての利便性の向上、児童福祉の推進体制の確立、ボランティア活動の拠点、施設の構成、プールの併設等が盛り込まれた。

他の事業もそうだが、ハード面への予算投入以上にソフト面での充実がなければ、折角つくっても、市民に喜ばれるものにはならない、というのが提言の基幹である。

産業振興について。
因島の商工業に関する意見の集約作業。

中心市街地活性化事業(TMO)の方向性、技術センター事業の方向性、その他地元商工業に関する方向性の3点を基本に今後会議を進めていくことで合意した。

明後日6日には囲碁の館(仮称)基本計画策定委員会、7日にはTMOの委員会と、合併が近づくにつれ各種会議のピッチもあがってきた。

そういえば、大阿武船について新聞に出ていたが、検討委員会でも意見が分かれているようだ。われわれにとっては意見の提出だけで終わったこの件だが、検討委員会はより具体的な方向性と内容が求められているので大変だろうな...
| e-mono21 | 地域合併 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第12回行政推進員会議
第12回の行政推進員会議。

中心市街地活性化事業と、因島技術センター事業について行政側より説明を受けた後、質疑応答。
中心市街地活性化事業については、TMOのワーキング部会が行っているアンケート調査を元に会議をを進めていく。因島技術センター事業については、予算の一部を拠出する行政側と、事業所側との意識のすりあわせや、今後のセンターの将来的な方向性(県や市の予算に頼らない組織の自立を目指した専門学校化)とか、修了者の地域定住化率の向上等が課題となっていくのではないだろうか。また、個人的な感触としては、尾道市のスタンスとして、事業そのものにお金は出すが、運営そのもの(例えば事務局的なもの)には人もお金も出したくない、という印象がある。そのことを質問したところ、技術センターはマスコミ等にも頻繁に取り上げられ、地域の注目も大きいことから、合併後も新市の大切なセクションとして取り扱われるだろうとのことだった。このことは結構大切で、他の事業でも影響があるものが出てくるものがあるかもしれない。

今は議会開催中で、会議中にも議会の質疑の模様がスピーカーから聞こえてきた。行政推進員についてもある議員が質問していたのが聞こえてきた。
"仕事をしとらん!"といわれんよう、頑張らんと...
| e-mono21 | 地域合併 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ